Doorkeeper

【大江橋北詰ホンマモン計画~vol.18】『第一部・成功するピボット、失敗するピボット/第二部・マッチングプラットフォームの広め方』

2019-10-11(金)18:30 - 21:00

SCRIBBLE OSAKA LAB

大阪市北区西天満2丁目5-3堂島深川ビル3F

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

2,000円 前払い
ワンドリンク付き

6人の参加者

すべて見る
5人のアカウント非公開の参加者

詳細

サービスを如何に育てていくのか!”産みの苦しみ”以上に苦しい、”育ての苦しみ”に迫ります!

アイデアを練り、事業計画を立てて初期資金を調達し、サービスを開発していくーいわゆるゼロイチの産みの苦しみは誰しも想像がつくところです。
ただ当然サービスは作って終わりではありません。そのあとユーザーを獲得し、最初の売上を計上し、損益分岐点を超えるところまで育てていくというさらに険しい道のりが待っています。

今回のホンマモン計画では、第一部、第二部で事業のピボットの仕方と、マッチングプラットフォームビジネスの広め方について、お二方に登壇いただき、そのノウハウに迫りたいと思います!

本気で成長を志向する起業家、支援人材の方々は是非ご参加くださいませ!

〇プログラム

第1部・18 : 30 ~ 19 : 20  『成功するピボット、失敗するピボット』
浦野 隆好 氏(中部電力株式会社 事業創造本部 新規価値創出ユニット 部長)

市場ニーズに適合するよう事業内容を柔軟に変更することをピボットと言います。
そして素早くピボットを繰り返すことが重要だと言われています。ですが、スピード感を持って何度も試すことだけが成功に必要な要素でしょうか?
新しく事業を推進する過程では、具体的にはどのような事が起こるのか?
実際に成功できたピボット事例をベースに、その要諦を一緒に考えます。

第2部・19:30 ~ 20:30『マッチングプラットフォームの広め方』
中原 久根人 氏(株式会社 souco 代表取締役)

マッチングプラットフォームビジネスのアイデアを企画されるスタートアップは多いと思いますが、ユーザーとサプライサイド、両方を同時並行で獲得し、プラットフォームとしての地位を築き上げるまでの道のりはなかなか困難であることが想像されます。

2016年にsoucoを創業され、物流領域で空き倉庫情報と事業者のマッチングにチャレンジされてきた中原氏に、プラットフォームビジネス拡大の苦労とノウハウを赤裸々に語っていただきます!

第3部・20:30 ~ 21:00 『名刺交換会』

〇参加費

2,000円(ワンドリンク付き)

※開催3日前までにキャンセルのご連絡をいただいた場合は払い戻しいたします。
それ以降につきましては対応致しかねますので、ご了承ください。
なお、振込手数料を差し引いた額を返金させていただきます。

〇大江橋北詰ホンマモン計画とは?

cover-H3YllhvUXvhEe8miPAreC172JeKV7Mx9.png

2018年5月、アカデミック・ギャングスターの中川卓也氏を発起人にして発足。
「ホンマモンのホンキとホンネの会」をスローガンに、起業家や支援人材が集まり、過去の失敗体験やそれをどう克服したかを皆で共有することでホンモノのベンチャーエコシステムの構築を目指します。

今後のスケジュール等は非公開のFacebookグループでもご案内します。参加ご希望の方は承認申請をお願いいたします。
→ https://www.facebook.com/groups/850377558483159/

◯登壇者紹介

urano.jpg

浦野 隆好 氏(中部電力株式会社 事業創造本部 新規価値創出ユニット 部長)
【略歴】
イントラプレナーとして、長年、新規事業の開発・推進に従事。ブラザー工業では、世界初となるPCソフト自動販売システム『TAKERU』のソフト開発リーダーを担当。その後、ディスラプターとなった通信カラオケ『ジョイサウンド』の立ち上げに企画として携わる。1996年に渡米、シリコンバレーのTechベンチャーにて映像圧縮装置のプロダクトマーケティングを担当。2002年の帰国後は、中部電力にて携帯メールを活用した新規事業を推進、学校メール連絡網サービスを企業内ソーシャルビジネスとして事業化。現在は、新規事業の企画推進を担う。EMBA。

nakahara.jpg

中原 久根人 氏(株式会社 souco 代表取締役)
【略歴】
慶應義塾大学経済学部卒業。大学卒業後、株式会社いい生活、株式会社 ietty など不動産領 域で Bizdev を 12 年経験。不動産領域のデータベース構築と物件マッチング、ポータルサ イト運営に精通。2016 年、souco を創業。2018 年 10 月よりオープンβ版サービス提供開始。データベース化が進んでいない物流領域で新しいビジネスモデルの構築に挑戦している。2019 年現在、全国で約 17万坪の空き倉庫情報を管理。利用したい事業者とマッチング を開始している。

nakagawa.jpg

中川 卓也氏(株式会社アカデミック・ギャングスター 代表取締役)
【略歴】
1983 年京都大学卒。外資系投資銀行や複数の証券会社、ネスレ日本・人材開発部長等を歴 任。その間、M&A、ファイナンス、デリバティブ、証券化、PE・ヘッジファンドの資金調 達、IR・コーポレートガバナンスアドバイザリー、組織・人材開発プログラム業務に従事。 事業会社や機関投資家の事業戦略、資本・財務政策、議決権行使基準、人材活性化へのアド バイスにより顧客の企業価値向上に努める。
 

コミュニティについて

Scribble Osaka Lab

Scribble Osaka Lab

「人が交錯し、アイデアが交錯する」ーSCRIBBLE OSAKA LAB(通称SOL)は、テクノロジー、デザイン、ビジネス、キャリア、起業、言語、音楽、映像、芸術文化、スポーツ、趣味などさまざまな情報発信、価値創造をしていくイベント・コワーキングスペースです。 Scribble(スクリブル)とは、”落書きする、殴り書きする”という意味で、SOLは壁一面やテーブルにホワイトボードを配し、訪れ...

メンバーになる